SERVICE Hamamatsu Lab.

Hamamatsu Lab.

日本各地に存在する、未だ広く知られていない「優れたもの、人、コト」を、WEBの力で日本全国、さらには世界中に発信して、新たな可能性や価値を創出しようというのがこのプロジェクトです。
その立ち上げ事業として、PrmaCeedは静岡県浜松市で「浜松ものづくりプロジェクト」を展開しています。浜松の土地柄を考慮し、事業の推進には地域に根差すことが必要だという結論から、2017年に浜松市に「Hamamatsu Lab.」を開設。この事業所の中で浜松での全ての活動が完結できるように整備をしています。
この「Hamamatsu Lab.」では、大企業の工場が立ち並ぶ地域で必然的に発展した浜松の工業技術を中心に、農産物から観光といったものまで、広く「優れたもの、人、コト」を探す作業を行っています。また、その次のフェーズである、外の世界に発信する作業を、オウンドメディア「ハマラボ」などで試みています。
PrmaCeedは、それが「優れたもの、人、コト」である限り、日本のどこの地域に存在するものであっても、この事業を展開できると考えています。時には浜松のようにリアルな拠点を置いて、時にはインタラクティブに地域という垣根を越えて――「優れたもの、人、コト」とそれを育ててきた環境に合った手法で展開していく予定です。

静岡県浜松市で行っている事業は、浜松市に「Hamamatsu Lab.」という拠点を置き、この事業所の中だけで全てを完結できるように整備しています。それは、浜松の優れた「もの・人・コト」を見つけるには、どのようにしてそれがこの土地で生まれたのかを、実際に肌で感じる必要があると考えたからです。また、プロジェクトを進めるうちに、この土地の中で業務を完結させるということが、浜松の皆さんにとって非常に重要であるということを知りました。私たちは日々、状況を体感しながら言葉にならない情報をも、その土地に生きるエンジニアや生産者の方々と共有しています。それぞれの持つ素晴らしさ、また同時に抱える問題について、表面的なものをすくい上げることだけでは足りない、地域の目線で物事を捉えるというこの姿勢は、違う土地で事業展開する際にも生きるものだと考えます。
また、同様のプロジェクトを展開する、もう一つの手法として、事業所を置かずにWEBを使ってインタラクティブにプロジェクトを進めるということがあります。浜松のケースは、あるひとつのものづくりにフィーチャーしたものではなく、地域が内包しているものという広い視野で取り組んだものです。この先の展開では、ひとつの「もの・人・コト」に絞った取り組みも想定しています。そのようなケースには初動が早く、且つ、日々のコミュニケーションも取りやすいインタラクティブな方法を用いることも考えています。

「つながる」ことでは今まで培ってきたWEBのノウハウを最大限に活用します。地域の中で、日本全国の人と、そして世界中の人々とつながることをもWEBは可能にします。また、提供者(シーズ)と消費者(ニーズ・ウォンツ)をつなぐことに留まらず、提供者(シーズ)と提供者(シーズ)をつなげることまでPrmaCeedは見据えています。それを必要とする地域の中のニーズ、日本の他の地域にあるニーズ、世界中のニーズを「つなげる」ことはもちろん、提供者と提供者が「つながる」ことで単独では見いだせなかった新たな可能性を引き出すことができるのです。名産品が海を越えて海外でヒットする、ある伝統工芸の技術が宇宙開発で問題になっていたあることを解決する糸口になる、なんていう展開も夢物語ではありません。

新たな可能性から生まれた新しいものやサービスを「つたえる」ことで、提供者や、もっと広く世の中の抱える潜在的な問題を解決したり、私たちの生活がもっと便利になることなど、様々な向上を目指します。広く伝えることで、新たな経済のサイクルを生み出し、ゆくゆくは地域の活性化などの広範囲に及ぶ利益に発展することも考えられます。

東西の人・物・文化が交錯する地“浜松”

私たちがプロジェクト立ち上げの第一歩として決めた、浜松について簡単にご紹介しましょう。浜松は古くから東海道の宿場町として栄え、東西の人・物・文化の交流が盛んだった地です。このような風土から育った“やらまいか精神”は、新しいものを恐れずに積極的に取り入れる姿勢です。日本を代表する実業家を多数輩出したこの精神は、大小を問わず浜松で事業を営む企業、そこで働く一人ひとりのエンジニアや生産者にまで浸透し、数々の優れた技術を生み出しています。
また、海と山を持ち、人口の集中地と分散地のどちらも内在する浜松市は、“日本の縮図”とも言われており、浜松市でプロジェクトを進めることは、この先に日本各地で事業を展開するにあたり礎となると考えました。