SERVICE 新規事業

新規事業 マーケティングという観点でテックプロバイダーと成功を目指す

「より良いものであると見極めたのなら、新しい技術は積極的に導入するべき」というのはPrmaCeedのモットーです。新規事業はそれに基づく取り組みです。
日本では、実績のない生み出されたばかりのものは信用を得られにくく、なかなか導入まで至らない傾向にあります。また、海外製のものに関しては日本語にローカライズされていないと、どうしても広まりにくいことも。営業機能が脆弱なテックプロバイダーにとって、これは大きな障壁です。海外のプロバイダーにとってはさらに高い壁でしょう。
PrmaCeedはこの悩みを抱えた国内外のテックプロバイダーに代わり、その技術が日本に受け入れられるための最適なシナリオを立て、設計をし、営業活動を行って実績を作ることで、日本での商品化・拡販を実現します。

真に新しい技術こそ大きな可能性

PrmaCeedでは、実績を持たない真に新しい技術こそ、ビジネスの大きな可能性を持っていると考えます。そこで、国内だけでなく、海外の動向に関しても常に目を配っています。新しいテクノロジーに対する姿勢は海外と日本とでは全く異なり、アイディアや開発途中の段階から企業が導入の検討に入ることも多く、テクノロジーが生まれやすい環境にあると言えるでしょう。
実際に、日々新しいものが生み出されている状況にあります。 また、国内で言えば東京の動向だけでなく、地方都市で生み出されているテクノロジーについても非常に興味を持って情報収集を行っています。